日本共産党の市政報告

2022年 冬号 No.221 芦屋市議団ニュース

■機構危機への対応、国保料の負担軽減を

■南芦屋浜駐在所を廃止せず交番への昇格を!

■高い保育料に悲鳴の声

【思うところ】
個人事業主や経営者が多い芦屋市の国保の高さはちょっとつらいものがあります。
同じビジネスをするなら、本拠地を両隣の市に置いてもいいかなと思います。市としては税収が下がりますね。

南芦屋浜の駐在所が廃止はかなり重たい話だと思います。
居住者がどんどん増えている南芦屋浜をうつろにするのは本当に良くないです。
住みたい街の理由には防犯も含まれるのでは。。。

保育料の高さは、子育て世代のことを考えたら検討すべきテーマですよね。

PDFはこちら

2021年 秋号 No.220 芦屋市議団ニュース

■令和2年(2020年)度 各会計の決算認定に賛成!!

PDFはこちら

2021年 春号 No.218 芦屋市議団ニュース

■JR芦屋駅南地区「再開発事業」が選ばれた経緯経過を踏まえ対応を

PDFはこちら

2021年 冬号 No.217 芦屋市議団ニュース

■JR芦屋南地区再開発はまた白紙に?

PDFはこちら

2020年 秋号 No.216 芦屋市議団ニュース

■芦屋保健所存続を!少人数学級を!

■全市政の策定予算の補正・見直し不十分

【思うところ】
前市政の見直しというのは、議論に値する前向きな議題だと考えます。
なんでも民営化すれば良いわけではなく、市民サービスが落ちたり負担が増えるものに関しては公的な運営というのは当然だと思います。

特にコロナの様な特別な時代、企業が儲けに走るのも分かります。自分たちの維持のために動きが出てくるのは容易に考えられます。
公的な機関が運営するサービス、施設というのは安心につながっていきこれからの芦屋にプラスになると考えます。

PDFはこちら

2020年 春号 No.214 芦屋市議団ニュース

■予算議会が開かれました

■新型コロナウイルス対策と必要な支援を!

■JR芦屋駅南地区「再開発事業」3月議会で何があった?

PDFはこちら

2020年 冬号 No.213 芦屋市議団ニュース

■本会議一般質問

PDFはこちら

2019年 秋号 No.212 芦屋市議団ニュース

■第3回定例市議会

PDFはこちら

2019年 夏号 No.211 芦屋市議団ニュース

■初議会報告

PDFはこちら

運営会社 ハチジュウマル

^