令和3年度 秋の公民館講座 大阪・京都・神戸のレトロ建築の見どころ

令和3年度 秋の公民館講座 大阪・京都・神戸のレトロ建築の見どころ

建築には当時の近代社会の文化が色濃く反映されます。
第二次世界大戦前の西洋のスタイルの影響をうけた建築を「レトロ建築」というそうです。

古いだけではなく、現代だからこそポップに感じたり、
今受ける印象と、その裏側にあるストーリーが分かるような気がします。

阪神間ならではのテーマかもしれません。

イベント概要

【日程とタイトル】
2021年10月18日(月):はたらき編 街並みを塗り替えた銀行やオフィス
2021年11月15日(月):まなび編 関西のキャンパスを探訪する
2021年12月6日(月):すまい編 新しい日本の住まいを求めた人びと

【時間】
各回14:00~15:30

【場所】
芦屋市立公民館 401号室

【定員】
60名

【受講料】
1,500円 ※3回分一括

詳しくは下記ちらしをご確認ください

公民館講座の紹介(芦屋市役所)

トピックストップに戻る

運営会社 ハチジュウマル

^