【2022年度 春の公民館講座】 聖母の美術史

【2022年度 春の公民館講座】 聖母の美術史

世界に親しまれている聖母マリア、西洋のあらゆる文化に浸透し、美術史を牽引してきました。
聖母マリアの美術史を幅広く概観し、歳暮と美術について考えます。

作品としてよく見ますが、そこにある時代背景など面白いことが見つかるかもしれません。

イベント概要

講師:宮下 規久朗 氏
会場:芦屋市民センター 401号室
時間:14:00~15:30
定員:60人
受講料:1,500円(3回一括)

日にち タイトル
第1回 2022年4月25日(月) 聖母像の始まりと黒い聖母
第2回 2022年5月30日(月) ルネサンスとバロックの歳暮
第3回 2022年6月27日(月) 近現代と日本の聖母像

ちらしはこちら

詳しくはこちら

イベントの紹介、情報の追加は無料です。ご依頼はこちらから

トピックストップに戻る

運営会社 ハチジュウマル

^