令和3年度 秋の公民館講座 美術史講座 夜の美術史 絵画における光と闇

令和3年度 秋の公民館講座 美術史講座 夜の美術史 絵画における光と闇

絵画にはその時代の背景が込められていることが多いです。
その時代を光と闇で表現する技法があります。

知ると絵画を見ることが楽しくなりますね。

イベント概要

【日程とタイトル】
2021年10月25日(月):光の発見 中世からカラヴァッジョまで
2021年11月22日(月):豊かな闇 レンブランドとフェルメール
2021年12月20日(月):日本の夜 日本美術と夜景表現

【時間】
各回14:00~15:30

【場所】
芦屋市立公民館 401号室

【定員】
60名

【受講料】
1,500円 ※3回分一括

詳しくは下記ちらしをご確認ください

公民館講座の紹介(芦屋市役所)

トピックストップに戻る

運営会社 ハチジュウマル

^